スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外旅行の続き5 フランス

03.05.2011 Trackback:0Comment:3
スロベニア観光を終えて、残り2日間はどこかに観光にいくわけでもなく、

友達の家族と犬の散歩や、食事などを共にし、友達の仕事場にも顔を出したり、

イタリアの自然食品店へ買い物に行ったり、整体やリフレクソロジーをしたり、

そんな感じで過ごしました。


そして別れの日の朝、8時過ぎの電車に乗らなければならなかったので、

イタリアのゴリッツィア駅まで車で送ってもらいました。

やっぱり、いつでも別れ際はつらいものです・・・今回はまた色々な

経験をさせてもらったので、なおさら感情が高ぶってしまいました。

また来ようと思います。また暖かいときに・・・

CIMG2643_320.jpg

ゴリッツィアから南下し、ヴェネツィア・メストレ駅を目指します。

イタリアの景色をみながら、先日購入したオーガニックのビスケットを

食べながら・・チョコレートを食べながら・・


メストレ駅について、エアポートバスでヴェネツィア・マルコポーロ空港へ。

CIMG2644_320.jpg

CIMG2647_320.jpg

空港自体はそんなに大きくなく、でも結構混雑してました。

早速「easyjet」のカウンターで手続きをして,ゲートへ。

CIMG2649_320.jpg

空港から、ベネツィアの街を見ることができました。なんとなく

幻想的な感じ。今回、ヴェネツィアには行けませんでしたので、

また今度、ゆっくり訪れたいと思います。


そして、パリへ!!

CIMG2660_320.jpg

約1時間半のフライトでパリ・シャルルドゴール空港へ到着。

パリからベトナム・ホーチミンへのフライトは夜中になるため、

その時間を利用して、パリ市内へ行ってみる事にしました。


空港から、高速郊外鉄道RER Bという電車市内中心まで約30分くらいかけて

行きました。

CIMG2663_320.jpg

約7年ぶりに訪れたので、この電車をみて懐かしさがよみがえってきました。

前回は、イギリス留学中に家族が僕のもとへ訪れた際に、パリへ観光へ

行ったのですが、その時もよくこの電車を利用しました。

この電車に乗って、まずはゴシック建築の代表とも言えるノートルダム大聖堂へ!!

近くでみるとやっぱり彫刻が素晴しいですね。

CIMG2668_320.jpg

大聖堂の中に入りたかったのですが、バックパックがあったので、

厳しかったです・・・でもここにはパリのへそがあります!

パリの中心のポイントなのですが、それを踏むとまた訪れる事が

できるといういいつたえが。ということで踏んできました。


CIMG2673_320.jpg

それから、champ de mars tour eiffelということでパリの

ランドマークとなっているエッフェル塔へ。

CIMG2680_320.jpg

迫力ありますね!!エッフェル塔の下には多くの人で溢れてました。

ので、上がりたかったのですが、時間の関係で諦めました・・・

地下鉄に乗り、ここへ。

CIMG2684_320.jpg

凱旋門です。このときすでに夕方で、だんだんと暗くなり、気温も

かなり低くなりました。寒くなってきたので、凱旋門からコンコルド広場まで

シャンゼリゼ通りを歩いてみました。

CIMG2690_320.jpg

やっぱりこの通りは活気がありますね~。歩いていて色々なお店があるし、

みてるだけでも楽しいです。

CIMG2693_320.jpg

CIMG2701_320.jpg

コンコルド広場に観覧車ができてたんですけど、いつできたんですかね?!

結構まわるのが早くて、こんなんで大丈夫なのかな~というのが正直な気持ちです。

この時、雪がちらついてきて、さらに寒くなってきました。

ここから、地下鉄でオペラ座前へ。

CIMG2713_320.jpg

CIMG2711_320.jpg

オペラ座の怪人で有名ですが、この建物もすごいですね。いつか、

本物のオペラをこの中で観たいと思います!!


だんだん時間も差し迫ってきて、夕飯も食べていなかったので、

ヴィーガンレストランへ行きました!そこで、ドイツ人のおじさんと

出会い、色々な事を話しながら、ご飯を食べました。おじさんは

25年もヴィーガンということで、この生活を楽しんでるようでした。


そこでおなかが満たされ、そろそろ時間・・・

パリでのあっという間の観光を終えて、空港へ戻りました。



そして、深夜の便でベトナムへ、約10時間のたび。

結構疲れましたね。それから、もっと驚いたことは気温です。

パリでは0℃、もしくはもっと低いくらいでしたが、ホーチミンに

ついたら結構暑い。

市内までのタクシーの中で、運転手に気温を聞くと25℃。

そりゃ暑いわけですね。

CIMG2729_320.jpg

CIMG2743_400.jpg

CIMG2742_320.jpg

日本への便が朝6時前ということで、夜少し時間あったので、

ホテルへチェックインして、そのまま街へ。

ヴィーガンレストランで食事をして、歩いてみました。

ハノイよりも大きな町で、とても栄えてるという感じ。

特に、旧正月前だったこともあるのか、夜遅くても多くの人で

溢れていました。さらに気温も暖かいので過ごしやすかったように

思います。

ただ、パリからの長いフライトと、次の日の早朝のフライトもあるので、
 
ホテルで仮眠して、夜中2時過ぎに空港へタクシーで向いました。

そして日本へ・・・


今回の旅も本当に充実したものになりました。ベトナムも初めて

訪れることができましたし、パリ、イタリア、スロベニアと色々な体験を

しました。特にたくさんの自然と関われた事は、自分の生き方、仕事などに

すごく通じるものがあり、勉強になりました。そして友達にも感謝ですね。

もっと、こういったつながりができたら自分の人生も心も豊かになるのでは

ないかと思います。ので、大事にしていきたいですね。
スポンサーサイト

ベルサイユ宮殿 フランス

03.17.2004 Trackback:0Comment:0
fumi 049_320

fumi 060_320

PICT1009_320.jpg

PICT1010_320.jpg

PICT1014_320.jpg

PICT1020_320.jpg

PICT1030_320.jpg

PICT1031_320.jpg

PICT1034_320.jpg


このベルサイユ宮殿はスケールが大きすぎて、あきれた。敷地面積も、建築も、絵画も、彫刻も、あら

ゆるものがすごすぎて,,,,出来上がるまで50年近くかかったそうだが。

300年前に、予想を超えた裕福な暮らしをしていたことが一目でわかる。結果的に、フランス革命に

つながったが。

ルーブル美術館 フランス

03.17.2004 Trackback:0Comment:0
PICT0948_320.jpg
ミロのヴィーナス

PICT0950_320.jpg
サモトラケのニケ

PICT0955_320.jpg
モナリザ


このルーブル美術館は、1日ではまわりきれない...とても広くて、見所がたくさんある!!

パリ フランス

03.17.2004 Trackback:0Comment:0
fumi 021_320
凱旋門

fumi 028_320
シャンゼリゼ通り

fumi 043_320
エッフェル塔

fumi 296_320
パリのヘソ

fumi 307_320
エッフェル塔からの眺め

PICT0910_320.jpg
ノートルダム大聖堂

PICT0912_320.jpg

PICT0917_320.jpg
サントシャペル

PICT0918_320.jpg

PICT0924_320.jpg

PICT0929_320.jpg

PICT0932_320.jpg
ナポレオンの墓

PICT0934_320.jpg
オペラ座

PICT0970_320.jpg
夜のエッフェル塔

PICT1036_320.jpg
セーヌ川

PICT1038_320.jpg
自由の女神

PICT1041_320.jpg

PICT1054_320.jpg
モンマルトルの丘

モンサンミッシェル フランス

01.17.2004 Trackback:0Comment:0
PICT0976_320.jpg

PICT0978_320.jpg

PICT0980_320.jpg

PICT0985_320.jpg

PICT0986_320.jpg

PICT0991_320.jpg

PICT0991_320.jpg

PICT0992_320.jpg


パリから、日帰りの観光バスでモンサンミッシェルまで行ってきた。これを見たときには感動した。

建築にも、風景にも。写真の2番目に写っている人は、プーラールおばさん。ここでオムレツを作ってい

た人。今でも、ここの名物はオムレツ。今となっては食べられないが,,,,

また、ジブリの映画でラピュタのモデルの場所になったとか、ならなかったとか。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。