スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじさんを通じて ・Health

01.25.2010 Trackback:0Comment:0
前回、この世を去ったおじさんの事を何回かに分けて

僕の気持ちを書かせて頂きました。


おじさんは「肺がん」でした。

肺に腫瘍が見つかり、最後の方は脳に転移していたような事も

聞きました。

生前のおじさんは、結構なヘビースモーカーで、魚や肉をよく食べていたとの

事でした。反面、野菜などはほとんど食べなかったと聞きます。また、お酒も。

やはり、そういった所からも、「肺がん」になってしまった原因が

見受けられました。

また、少なからず、ストレスを抱えて生きてきた期間が長かったのでは

ないかと感じます。

「がん」というのは、人がなる最終的な段階です。

その前に必ず、前兆という症状が出てるはずです。

例えば、頭痛や眩暈とか、咳とか、熱が出るとか、こういった症状は

ほんの一部ですが、何かしら、体が教えてくれているはずなんです。

その信号をしっかり受け取って、これまでの自分の生き方や

考え方などをもう一度、見直してあげることが

大きな病気にならないための手段になると思います。

これを中医学や東洋医学では「未病」といいます。

病気になる前に防ぐことが本当に大切な事だと感じます。


僕がおじさんの死を通じて改めて思ったことは、

病気の本人ももちろんつらいし、苦しいし...

でも、周りにいる人も同じくつらいし、苦しい...


このような状況が果たしていいものなのだろうか...

僕はどうしてもいいとは思えません。

おじさんだけではなく、本当に予想以上の人が

「がん」になり、闘病しています。

日本の各地にがんセンターがあると思いますが、

こんなにいるんだと、正直驚きを隠せませんでした。




僕自身は、生まれつきのアトピー体質で、

小さい頃から、多くの病院に行っては、様々な薬を服用し

時には副作用がひどかったこともありました。

毎日、痒みと痛みと傷があり、血が当たり前のように噴き出して。

そんな自分自身が嫌になったり、両親を恨んだり、死のうと考えたり、

過去に様々な感情がありました。

でも、産んでしまった母親も罪悪感があるという風に

考える人もいるでしょう。

これは、アトピーだけでなく、全ての病気につながると思います。


今現在、アレルギーを持った子供たちがどんどん増えているとよく

耳にします。

そして、僕と同じような感情になったり、苦しい思いをするというのが

僕には予測できます。だから、そんな世の中になってほしくないのです。


次の世代の人たちのために、自分自身を見直してみる事、

そして、過ちがあったとき、気づいた時に少しだけ方向転換

してみること。

特に、これから親になろうとしている人たちは、強く感じてほしいのです。

自分の体をきれいにすることで、心もきれいになる。

そうすることで、心身が健康になる。

そして、元気な赤ちゃんを産んでほしいのです。


僕自身、アトピーというものに出会ったおかげで、本当に色々な事を

経験してきました。

この体質だったからこそ、出会ったもの、出会った人がいます。

それは、本当に幸せな事で、感謝の気持ちでいっぱいになります。

まだまだ自分の心も体も排毒中ですし、よくなろうとしています。

今現在、学んでることもたくさんありますし、食べ物を含めて

実践していることも幾つかあります。

そういったことを、これから少しずつ伝えていける環境も

作っていきたいと思います。

少なからず、整体やリフレクソロジーといった体に触れる仕事を

していて、その分、人の体と心のつながりをより強く感じますし、

伝えていく手段として、多くの人に提供していけたらと思います。



スポンサーサイト

命の輝き 4 ・Health

01.24.2010 Trackback:0Comment:0
おじさんが亡くなった日の夜は仙台市内のビジネスホテルに

泊まって、次の日の朝早く、朝日の昇る前に

新幹線に乗って実家のある埼玉まで帰りました。

新幹線に乗っている間、前日のおじさんの事が

頭から離れず、おじさんと過ごした時間を思い出したり、

がんと必死に向き合っている姿を思い出したり。


前日の朝、僕にかけてくれた言葉を思い出しました。

「指圧のこころは...」

その言葉を思い出した時

涙がとまらなくなっしまいました。

抑えようとしてもダメでした。。。


無理やりこらえながら、新幹線の窓の外を眺めていると、

太平洋から、朝日の光が見えました。

CIMG1014_320.jpg

なないろに輝くその光は、僕のコントロールできない

感情を徐々に落ち着かせてくれました。



数日後、おじさんのお通夜、葬儀のために両親と共に

再度、宮城を訪れました。


お通夜で再会したおじさんの顔は、とても安らかでした。

こうして、穏やかな顔が

病室で苦しんでいたおじさんを忘れさせてくれます。


その日の夜は、2年前おじさんが連れて行ってくれた温泉に

泊まりました。

今回で3回目です。

やっぱり、おじさんがいないのは寂しい。。。なんか物足りない感じです。

夜温泉に入ったのですが、日付が変わって朝も入りました。

ちょうど、海の向こうから太陽が昇ってきました。

本当にきれいで、明るくて、偉大な光に包まれました。



人は生まれ、やがて必ず還るときがきます。

それは、ひとそれぞれいつなのかわかりませんが、

その生まれ、還るまでの人生の中で、こうして妹とだんなさんが

出会った事で、僕もおじさんと出会う事が出来ました。

これは、何にも変えられない財産です。

こころから感謝します。

一期一会が自分自身の学びになり、成長になり、生きる糧となり、

これから生きていく限り、こういう出会いは続くでしょう。

出会える事に感謝して、喜びを感じて、繋がっていきたいです。


おじさんの肉体はなくなってしまったけれど、

僕の心の中にずっと在り続けるでしょう。

R0011935_320.jpg

R0011936_320.jpg

本当にありがとうございました!!

命の輝き 3 ・Health

01.22.2010 Trackback:0Comment:0
おじさんの容態が急変したという連絡が入り、妹夫婦は先に

現地へ向かいました。

そして、先に行った妹から連絡が入り、

今日、明日が山かもしれないとの事。

そう聞いた僕は、次の日の朝、急遽、新幹線に乗って仙台へ。

向かっている途中に妹からメールが届き、

今から永遠の眠りに着く薬を投与してくという内容でした。

その内容に驚きを隠せませんでした。

早くおじさんに会いたいと、間に合ってほしいと

そう願い続けばがら急いでがんセンターへ。


センターに着き、病室へ向かう途中で妹が待っていてくれました。

そして、急いで病室へ。

病室の外にはおじさんの友人や親族の方々が見えました。

その間を抜け、おじさんと再会。

おじさんのベッドのまわりには家族のみんなが揃って

声をかけていました。

荷物を置いて、僕はおじさんの前に顔を出す。

そして手を握る。

薬の影響なのか、去年の夏に会った体の細かったおじさんとは

まったく別人のように体がむくんでしまっていました。

顔も同じくむくんでいて、目を開けるのがやっとと言った感じでした。

その中で、僕はおじさんを見つめて、

「僕です!おじさんわかりますか?」

と声をかけました。

そうすると、薬の投与で意識もはっきりしない中で

しっかりと答えてくれました。

しっかりとうなずいてくれて

「ありがとう。お父さんとお母さんによろしく伝えてね。」

と、こういうときにも僕の両親の事を気にかけてくれました。

そして、そのあとに

「指圧のこころは...」

という言葉を。

去年の夏に少しだけマッサージをしたのをちゃんと覚えてくれて

いました。

その言葉を聴聞いた時に、涙があふれそうになり、

こらえながら最後に背中をさすりました。

手も、背中も温かかった。

その後も、おじさんには薬の投与が続けられ、何時間も苦しみが

あり、ベッドの上で、座った状態になったり、仰向けにしたり、

つらいはずなのに、意識がほとんどないはずなのに、

自分で起き上がろうとする姿がありました。

さらに、驚いたことがあり、

病室の中、みんなが静まりかえっていると、

おじさんは「お~い」と叫びました。

僕には、みんなの気持ちが沈んでいるのを感じたおじさんが

みんなを元気づけるために叫んだのではないかと思いました。

そこにおじさんの明るさとやさしさを感じました。

その叫びは、繰り返されました。

そのたびにみんなで「お~い、みんなここにいるよ」と

返事をしました。


時間が過ぎ、薬の量も増加していくと共に、

おじさんの意識も遠くなり、皮膚の色も青紫色に変化して

本当につらそうで、生きているのがやっとという状態になり、

脈も少しずつ弱くなっていきました。

おじさんは横向きに寝るのがすきだったらしく、

最後にみんなで横向きに寝かせてあげました。


呼吸が弱くなっていく

脈もなくなっていく


おじさんは最後までがんばりました。

最後、お医者さんの確認により

おじさんは静かに息をひきとりました。


みんなも僕も涙が止まりませんでした。

息をひきとった後のおじさんは、さっきまで、

青紫色だった皮膚から、だんだん白く変化していきました。

本当に楽になってよかったと思いました。


心の中で、ありがとうとずっと言い続けました。

命の輝き 2 ・Health

01.22.2010 Trackback:0Comment:0
おじさんの肺にがん細胞が見つかってから、

僕自身もなかなか会いに行けなかったのですが、

去年の夏に久しぶりに会いに行きました。


あのカラオケに行った時から約1年ぶりです。

すでにがんセンターに入院をしていたおじさんには、

僕が来ることは内緒にしようとおばさんに

協力してもらい、おばさんが先に病室に入り、

すこし時間を置いて、僕が顔を出すと

びっくりした顔をして、すぐに笑顔に変わりました!

すでに抗がん剤治療をしていたおじさんの体は細くなり、

髪の毛も抜け落ち、でもオレンジのバンダナをかぶり、

逆に目立っていました。

抗がん剤治療で、体もつらいはずなのに病室で1年前の

カラオケの話などで盛り上がって、本当にこのおじさんは

がんなのかなと疑ってしまうくらい元気な姿を見せてくれました。

僕は、仕事上、整体をしているので、少しの間おじさんの体を

マッサージしました。

病室のベッドで同じ姿勢をしている事が多いせいか、背中が

少し硬くなっていて、少しほぐすと気持ちがいいと言ってくれました。

わずかな時間でしたが、おじさんと再会でき過ごした時間が

本当に楽しくて、嬉しかったです。


その日は、またおじさんの家に泊まらせて頂くことになり、

おじさんはいなかったけど、おばさんにお世話になって

一緒に夕飯もごちそうになりました。

夕飯を食べながらも、もしおじさんがここにいたら

もっと賑やかになるだろうねとか、

またカラオケに連れていかれるだろうねとか

そんな会話もしながら笑いました。


次の日は、1年前に行ったあの温泉に再び行きました。

前回はおじさんと一緒に裸の付き合いで入りましたが、

その時は一人。

やっぱりちょっと寂しかったです。


去年の夏から時は流れ、

今年のお正月に電話でおじさんと話すことができました。

少し声に力がないかなって感じて、ほんの少し話して、

電話の向こうで咳がひどくなってしまい、

その時の会話はほんの数分で終わりました。

でも、声が聞けて本当によかった。

それから1週間ちょっと。1月9日の事です。


命の輝き 1 ・Health

01.22.2010 Trackback:0Comment:0
もう2週間近く経ってしまうのか...

先日、知り合いのおじさんが天国へと還りました。

妹のだんなさんの親父さんです。


本来、そんな関わりはないはずだったのですが、なぜか生前は

本当にお世話になった人です。

といっても、実際会ったのはほんの数回。

でも、彼が与えてくれたものはたくさんありました。


2年前、宮城を訪れていた僕に突然連絡をくれて、

できたら家に寄っていかないかと声をかけてくれて、

おじさん夫婦に会いに行ったのを覚えています。

釣りが好きだったおじさんはいつも釣りをしている

近くの海へ連れて行ってくれました。

そこは、砂浜が広がり、そして大きな深く青い太平洋が

見渡せました。

海風が吹き、潮の香りが強く残っています。


海を見た後、さらに近くの温泉へ!

浴場は最上階にあって、露天風呂からは少し前に見た

大きな海が広がり、その景色に感動しました。


温泉で温まった後、帰り際に近くのスーパーに立ち寄り、

食材を購入。

ベジタリアンの僕に気を使って、野菜をたくさん買ってくれました。

そんな心づかいが本当にうれしかったです。

そして、みんなで食卓を囲って、食べた料理は最高でした。

僕は夕飯を食べたら帰ろうかと思っていましたが、

ぜひ、泊まっていきなよと言ってくれて、

お言葉に甘え、1泊させて頂くことに。

1泊すると決まって、夕飯も食べ終えくつろいでいると

好きな魚を食べ、お酒も入ったおじさんは近くのカラオケに

行かないかと誘ってきました。

夜はすでに22時半を越え、こんなに遅くから???と思いながら

行きました。なんて元気な人だろうと感心するばかりです。

カラオケボックスも、今流行りのきれいな建物ではなく、

昔ながらの本当にボックスの中といった感じの部屋。

その中でほぼおじさんの一人舞台が繰り広げられました!

歌って踊って、もう最高です。

日づけが変わる頃まで宴は続き、こんなに楽しんで生きてる

人はなかなかいないんじゃないかと思うくらいの笑顔でした。

ひとときの宴を後に、結構はしゃいだせいか、

その日の夜はグッスリ眠れました。


ほんの少しの時間をと共にしただけなのに、もう何年も

知り合いだったんじゃないかと錯覚するくらい

仲良くしてくれて、本当に嬉しかったです。


そんな時間を過ごしてから、約半年後...

おじさんの肺にがん細胞が見つかりました。





パワースポット?巡り2 ・お気に入りの場所

01.19.2010 Trackback:0Comment:0

埼玉・パワースポットでヤホーで検索すると、

三峰神社と出てきます。それで、秩父にあるこの

神社に行ってみようと思いました。

でも、結構遠くて、しかも山の上にあり、

最近ロープウェイが廃止されたようなので、

簡単に断念してしまいまして、

その手前の「秩父神社」へお参りに行ってきました。

お参りの前に昼食を摂ったのですが、神社のすぐそばに

完全にベジタリアンのお店ではないのですが、

しっかり対応してくれる「月のうさぎ」というお店があります。

そこへ行ってきました。

Image042_1.jpg

もともと蔵だったところを改修して

レストランにしたようで、店内は昔の古さを感じさせてくれて、

静かで、木造が心を和ませてくれます。


Image040.jpg

Image041.jpg

料理もこんな感じで、たくさんの野菜をふんだんに使ったものばかりです。

シンプルだけど、おいしい。

そして、この秩父のお水もおいしい。

体が元気になるのがわかるような気がします!!



Image043.jpg

Image044.jpg

お腹が満足したあとは神社へ参拝です。

入り口の門もしっかりしていて、本堂もとても立派です。

天気もよく、清々しい気持ちでお参りができました。

やっぱり、境内に入ると空気が変わるのか、

気持ちが引き締まります。


参拝のあとは、滝です。

Image047.jpg

皆野町にある、秩父華厳の滝へ行ってきました。

こんな寒い中、なぜ?と思われる人もいるかとは思いますけど、

なぜだか自分でもわかりません....

実際行ってみると、すでに滝の左右が凍っています。

でも、神秘的でした。

Image045.jpg

Image048.jpg

Image049.jpg

久しぶりにこんな大きなツララを見たよう気がするし、

大きな岩にも感動です。

自然の偉大さをまたここで思い知らされました。

どんなに人間が頭を使って、欲の向くままに生きても、

自然には勝てないでしょうね。

勝負をせずに、調和がしたい。


滝を見物した後は、帰り道に「秩父温泉 満願の湯」という温泉が

あったので、そこで休憩することにしました。

ここの温泉の泉質はアルカリ性で、僕のような皮膚が弱い人には

お勧めの場所です。本当にお湯が柔らかく、ぬるっとしていて、

気持ちよかったです。

本当は毎日入りたいくらいです。

休日ともあって、多くの人で賑わっていました。

また、機会があったら来たいと思います!!!

パワースポット?巡り ・お気に入りの場所

01.19.2010 Trackback:0Comment:0
週末、時間ができたので、色々なところへ行ってきました。

まず、家から程近く、寅さんで有名な柴又。

今年はトラ年ともあって、さらにご利益がありそう。かな...

柴又の駅を降りるとすでに多くの人で賑わっていました。

Image023.jpg

Image024.jpg

Image030.jpg

毎年ここにくると、安心感があるというか、居心地がいいというか

そんな気持ちにさせてくれるところです。

Image026.jpg

Image028.jpg

境内に入り、お参りをすると、人だかりができていたので、

近くに行ってみると、小さなお猿さんでした。

竹馬に乗ってる姿は見ている人を笑顔にしてくれて

楽しい時間を過ごしました。

Image031.jpg

ここの大和家さんは天丼で有名な食事処です。

とても古く、中に入ると寅さんと一緒に撮った写真があったり、

山田洋次監督のサイン色紙なども飾ってあります。

実はここ、僕が高校時代、年末年始は部活動が休みになるので、

その期間だけバイトをさせてもらっていたところなんです。

その日は、だんなさんやおかみさんもいて、当時と変わらず

元気に働いていました。

ここは、えび天丼が有名なので、ヴィーガンになってしまった

僕は食べられなくなりましたが、草だんごだけはいつも

買って帰ります!!

草だんごもおいしいですよ。他のところよりよもぎをたくさん

使っているのか、色も濃くて、味も満足させてくれます。

ぜひ、機会がありましたら、行ってみて下さいね~。


そして、柴又の次は、さらに都内中心部へ。

Image033.jpg

Image035.jpg

Image036.jpg

ここは、明治神宮です。

ちょっとここは、入るのに勇気がいったのですが。


というのも、2,3年前、お参りしようと訪れ、お水で清めて

いる時に、何か変なものを吸ってしまったような感覚になり、

その後から急に風邪気味になり、体調を崩した時があったからです。

1ヶ月くらいずっと崩していたような記憶があります。

じゃ~、何で行くの??っていう感じですが、

時間があったのと、2度はないだろうという勝手な思い込みが

あったからです!!

結局、当時のように体調を崩すことはありませんでした。

よかったです。


お参りした後は、友達と合流して、夕飯を一緒に食べました。

食べたところは「HANADA ROSSO」というお店です。

Image037.jpg

Image038.jpg

今回オーダーしたのは、大豆ミートのフリットに玄米とかぼちゃの

スープ付きです。結構おいしかったですよ。他にもベジのハンバーグや

カレーやパスタもありました。またの機会を楽しみにしようと思います!!



New moon nature

01.15.2010 Trackback:0Comment:0
CIMG1021_320.jpg


今日は新月です。

新月とは朔ともいい、月と太陽の視黄経が等しくなる、またはその時刻のことです。

この新月の時に、新たな事をスタートさせたり、

祈りや願い事をするのに最適と言われます。



中医学でも、自然と体と同じように考えられます。

よく新月や満月の時に出産する傾向が認められているようです。

女性の生理を「月経」とも言い、この間隔の平均は月の満ち欠けの

平均とほぼ一致するみたいです。


更に、内臓の「臓」という字も月が入り、それぞれの臓器

肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓

胆嚢、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦(膵臓)


というように、五臓六腑すべてに月という漢字が入ります。


先人の人たちは、それだけ自分たちと月が密接な関係にあることを

気づいていたのだと思います。

そうじゃなかったら、もっと違った字を作ったんじゃないかと。



僕は、今まで自分自身を月と照らし合わせたことなんて

ありませんでした。

また、自然と一体であるっていうことも同じく。。。


でも、中医学を学び、さらに自分の体と向き合い、

環境をより考えてきた中で、その中で

自然の偉大さを強く感じ始めました。


以前はまったくといっていいほど、空を見ることは

ありませんでしたが、今ではよく空を見上げます!


朝焼けの空

昼間の空

夕焼けの空

夜空

陰と陽の空間の中で調和して、僕たちを癒してくれます。


ということで、僕は今日願い事をします!!

十個くらい。。。

みなさんも自分自身や家族、友人の幸せ、世界の平和を

願ってみませんか?!

ぜひ、やってみてください!


さらに

僕は今日、瞑想します。

夜11時半頃から1時頃まで。

一人で祈るより、みんなで祈った方がより

大きなパワーになることと思います。

なので、できる人は瞑想もしてみて下さいね!


CIMG1022_320.jpg


今日、うちでは祖母が小豆飯を作っていて、お餅も入っていて

おいしかったです。

この15日の小豆飯も赤飯も、祝い事にはかかせません。

赤には邪気をはらうという意味もあるそうですが、

特に新月と重なった今日。

穏やかに充実した時間をすごしましょう!!

音のハーモニー ・音楽

01.09.2010 Trackback:0Comment:0
今日は、先日紹介した友人のコンサートに行ってきました。

CIMG0993_320.jpg

場所は日本大学カザルスホール。

CIMG0995_320.jpg

久しぶりでした。こんな雰囲気。


演奏曲は

J.シュトラウスⅡ

喜歌劇「こうもり」序曲
シャンパンポルカ
オーケストラのためのチャルダーシュ
ワルツ「親しき仲」


J.シュトラウスⅡ
ポルカ「雷鳴と稲妻」
ポルカ「エレクトロファー」
ポルカ「訴訟」
ポルカ・フランセ―ズ「空気の精」
ピチカートポルカ
トリッチトラッチポルカ
ポルカ「常動曲」
ワルツ「皇帝円舞曲」
ワルツ「春の声」

演奏:文京フィルハーモニック管弦楽団

CIMG0997_320.jpg

曲名だけみても全然分かりませんでしたが...

演奏を聴くと聴いた事ある曲ばかりでした。

しかも新年の幕開けにふさわしい明るい曲ばかり!!

聴いている間、とても心地よかった。


先日も調和という事を書きましたが、

音と音の調和

多くの違った楽器が一つの曲を作り上げる

重なり合う

本当に素晴しかったです。

癒されました。

ありがとう!!!

帰りには夕日。

CIMG0998_320.jpg

電車の中から見る夕日もきれいだった。

自然の偉大さを感じた。

調和するということ nature

01.08.2010 Trackback:0Comment:0
CIMG0975_320.jpg

調和するってなんだろう。

考えてしまった。

神と

宇宙と

太陽・月と

空・海と

土と植物と動物と

家族と

人と

こころと体と

魂と


この不調和の世の中で

多くの情報が飛び交い

忘れていた


自分自身と調和していなかった

自分の体と争おうとしていた

自分の心と争おうとしていた


そこに気がつかなかったために

争ったら、そこに調和は生まれない


争ったために失ったものもあった

傷つけてしまうこともあった


自分と戦うことも、国と国が戦争する事も同じ

人間の欲のために自然に逆らって生きる事も

やがて環境が破壊され 自分たちに還ってくるだろう


色々考えてしまった

調和するって簡単なようで難しい

難しいようで簡単


まず自分のこころとからだと調和しよう

そう思ったら

何年も前から自分の内面でモヤモヤしていた

なにか煙のかたまりのようなものが

消えていくような感覚になった

青空のようになった


コンサート ・音楽

01.07.2010 Trackback:0Comment:0
IMAGE0001_320.jpg

今週末、9日土曜日に「キネクラブ」でいつもお世話になってる方が所属している

文京フィルハーモニック管弦楽団」が演奏会を行うようです。

最近、のだめの映画も観たし、やっぱりそれぞれの楽器が合わさって

奏でるハーモニーがとても心地よいのです。

ので、当日は、全席自由で、しかも無料ということで

行ってこようと思います。

ぜひ、足を運んでみてください!!!

七草粥 ・Food

01.07.2010 Trackback:0Comment:0
今日は、1月7日。

そして、七草粥をしっかり食べました。

CIMG0991_320.jpg

もともと中国から伝わってきて、

年のはじめに若菜を摘んで頂戴し自然界から新しい生命力をいただく「若草摘み」

という日本古来の風習と結びついて「七草粥」となり、

平安時代の宮中行事として七草粥を食べるようになったそうな。


七草粥が定着した背景には、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、

青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、

この日に七草粥を食べることで、新年の無病息災を願うようになりましたとさ。

と、all aboutから引用しました...


せり…健胃、整腸・便秘の予防、貧血の予防、美肌効果、冷え性の改善、生理不順の改善
なずな…目の充血、五臓に効果、胃弱
ごきょう…吐き気、痰、鎮咳、気管支炎
はこべら …歯ぐき,排尿に良い,虫垂炎、婦人病、
ほとけのざ…歯痛に効く
すずな  …消化促進、しもやけ、そばかす
すずしろ …胃健、咳き止め、神経痛,頭痛、冷え性

など、それぞれに様々な効用があるんですね。

お正月で、飲みすぎ、食べすぎで疲れた胃腸を休めましょう!!

やはり、先人の智慧はすごいですね~。



お雑煮 ・Food

01.03.2010 Trackback:0Comment:2
今日の朝は、お雑煮を食べました。

そして、今日のお昼も。

CIMG0990_320.jpg

どんだけ食べるの??という感じですが、結構美味しいんですよね。

なぜか、うちの家系では元旦はお餅を食べてはいけないみたいで、

(なにかよからぬ事が昔あったのかどうかわかりませんが)

昨日、今日と結構食べてしまいました。


そして、午後は、父親の実家へ行きました。

毎年、正月と、お盆に集まります。

今日は、僕のおばあちゃんにマッサージをしました。

僕が整体を勉強してきて始めてのことです。

肩がこって、腕が痺れ、膝も痛いと言っていたので、

その辺中心に。

今年85歳になるおばあちゃんの体は暖かく、

なんというか

これまで生きてきて、積み上げてきたものが

つまっているような。

手も、これまでの時代を生き抜いてきた強さ、優しさ

を物語っているように感じました。

やっぱり、このおばあちゃんがいたから、

今の自分がこの世に生きている。

だから、感謝に変わる。

僕が整体してるのに、逆に癒されている感覚もあり、

僕の体も暖かくなる。

本当にありがたいですね~。

今年も始まったばかり。元気で長生きしてほしいです!!

2010年 ・イベント

01.02.2010 Trackback:0Comment:0
新年明けましておめでとうございます!!

どのようなお正月を迎えていますか??

元旦から天気にも恵まれて、青空が広がり、

気持ちよく新年を迎えることができました。

去年は本当に色々な事がありましたが、

今年も新たな気持ちで進んでいきたいと思います。


そして、今日は、家族と共に初詣に行ってきました。

いったところは、靖国神社です!

CIMG0974_320.jpg

CIMG0978_320.jpg

CIMG0979_320.jpg

CIMG0982_320.jpg

今日は、三が日の二日目ということで、やはり多くの人が訪れていました。

さらに、出店もあり、とても活気にあふれていました!!!


靖国のあとは、浅草寺に行きました。なんか神社、お寺まわりに

なってしまいましたが。。。

CIMG0983_320.jpg

CIMG0986_320.jpg

でも、浅草寺に行くまでにみた隅田川の景色が、空が澄んでいたせいか、

とても穏やかな気持ちにさせてくれました。

しかし、雷門付近に行くと、景色は一変。

靖国神社の時よりも多くの人で賑わっていました。

本道まで行くのに、雷門の外から列になっていたので、

本道までいくのは諦めました。。。

CIMG0989_320.jpg

また、帰り際には、現在建設中の東京スカイツリーが現れました!!

最高高さが634mにもなるということです。

新しい名所になるのでしょうか?!


とにかく、今日は、神社、お寺にお参りもでき、しっかりと

新年のスタートを切ったという感じです!!!


今年、意識する事は

一期一会


今まで意識していなかったわけではないけど、

もっと大事に考えてみようということにしました。

では、皆さんも実りあり、幸多き年になりますよう

お互いに楽しんでいきましょう!!

今年もよろしくお願い致します。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。