スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の輝き 1 ・Health

01.22.2010 Trackback:0Comment:0
もう2週間近く経ってしまうのか...

先日、知り合いのおじさんが天国へと還りました。

妹のだんなさんの親父さんです。


本来、そんな関わりはないはずだったのですが、なぜか生前は

本当にお世話になった人です。

といっても、実際会ったのはほんの数回。

でも、彼が与えてくれたものはたくさんありました。


2年前、宮城を訪れていた僕に突然連絡をくれて、

できたら家に寄っていかないかと声をかけてくれて、

おじさん夫婦に会いに行ったのを覚えています。

釣りが好きだったおじさんはいつも釣りをしている

近くの海へ連れて行ってくれました。

そこは、砂浜が広がり、そして大きな深く青い太平洋が

見渡せました。

海風が吹き、潮の香りが強く残っています。


海を見た後、さらに近くの温泉へ!

浴場は最上階にあって、露天風呂からは少し前に見た

大きな海が広がり、その景色に感動しました。


温泉で温まった後、帰り際に近くのスーパーに立ち寄り、

食材を購入。

ベジタリアンの僕に気を使って、野菜をたくさん買ってくれました。

そんな心づかいが本当にうれしかったです。

そして、みんなで食卓を囲って、食べた料理は最高でした。

僕は夕飯を食べたら帰ろうかと思っていましたが、

ぜひ、泊まっていきなよと言ってくれて、

お言葉に甘え、1泊させて頂くことに。

1泊すると決まって、夕飯も食べ終えくつろいでいると

好きな魚を食べ、お酒も入ったおじさんは近くのカラオケに

行かないかと誘ってきました。

夜はすでに22時半を越え、こんなに遅くから???と思いながら

行きました。なんて元気な人だろうと感心するばかりです。

カラオケボックスも、今流行りのきれいな建物ではなく、

昔ながらの本当にボックスの中といった感じの部屋。

その中でほぼおじさんの一人舞台が繰り広げられました!

歌って踊って、もう最高です。

日づけが変わる頃まで宴は続き、こんなに楽しんで生きてる

人はなかなかいないんじゃないかと思うくらいの笑顔でした。

ひとときの宴を後に、結構はしゃいだせいか、

その日の夜はグッスリ眠れました。


ほんの少しの時間をと共にしただけなのに、もう何年も

知り合いだったんじゃないかと錯覚するくらい

仲良くしてくれて、本当に嬉しかったです。


そんな時間を過ごしてから、約半年後...

おじさんの肺にがん細胞が見つかりました。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://fumiabbey.blog43.fc2.com/tb.php/178-8c1a9ac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。