スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフレクソロジー!! ・Health

02.07.2010 Trackback:0Comment:0
ここ最近は寒い日が続きます。

今日も、天気は良いほうですが、風がすごく冷たい。

そして強い...最寄り駅を通る武蔵野線は強風のため

しばらく運転見合わせていました...都内に出ていた

僕は、帰るのが遅くなりました。



今週は始めから都心に雪が降りましたね。

Image052.jpg

Image053.jpg

家の庭や田んぼにも少し積もりました。


1月の後半の週末は「キネクラブ」のミケランジェロ・キエッキ先生による

リフレクソロジーのセミナーに参加してきました。



ミケランジェロ先生について ~キネクラブジャパンから引用~

ミケランジェロ・キエッキ Michelangelo Chiecchi(1953年イタリア生まれ)
●生まれつきの肝臓障害により21才の時「余命3か月」と診断される。
●カナダで学習障害児の食事を菜食にしたことで世界的に有名な心理学者シドラウスカス教授に師事し、
 自然健康の分野の研究を始め奇跡的復活を遂げる。
●インドでのスピリチュアル体験も含めて、病気と治癒に関する研究を各分野の第一人者の元で学び、
 通算20年間教鞭をとる。
●肉体と精神が合一した健康作りのための哲学的実践プログラム「システム オブ チュラルへルス」を確立し、
 セミナーや講演を通じ世界各地で指導している。
●ミラノに「キネクラブ」を主宰し「システムオブナチュラルヘルス」を普及すべくイタリア・日本をはじめ
 世界各地でセミナー・コンサルテーションを行っている。
●リフレクソロジーは名人の域に達している。


僕自身、この先生のシステムを学んできて、まだまだ理解できていない事は

たくさんあると思いますが、直感的に何か僕の思っている事、感じている事と

リンクしていることを講義を聴くたびに強くこころに響いてきます。


実際にこの2年間、実践してきた中で、自分の体の変化、こころの変化が

ありました。

食べ物を変えたり、心の持ち方を意識してきたり、そうする事で

より体やこころが良い方向へ向おうと排毒する。


実際に大きな排毒も経験しました。動けなくなり、仕事や学校も

休まざるを得なくなった時もありました。


以前は、その恐怖心から、抗生物質やステロイド剤を服用して、

自分の気持ちを落ち着かせようとしてきましたが、それが悪循環になり、

精神的にもネガティブになりました。


でも、ミケランジェロ先生のシステムを実践していくと、医者や薬はまったく

必要なくなってきます。

痛みは悪い事、怖い事ではなく、喜びとなってきます。


でも、実際ひどくなった時は、少し動揺してしまいがちですが、

キネクラブで一緒に学んでる方々、システムを実践している方々と

いると、必ずポジティブな方向へ引き上げてくれます。


多分、ここへ学びにきている人たちは、少なからず苦しい経験や

辛い経験をしてきているはずです。

それが、僕のように体に関わる問題を抱えている人や、

こころに問題を抱えている人、様々だと思いますが、

そういう自分をもう一度、見つめなおすために真剣に

また楽しくも学んでいます。


だから僕はすごく助けられました。


そんな先生のリフレのセミナーをたくさんの人たちと

2週に渡って受けてきました。

毎回内容は濃いのですが、今回も理論、さらに実技と

本当に充実したものとなりました。


僕は、中医学の学校でもリフレの授業は受けましたが、

やはり、それとはまた違った、というかまったく違う

感覚でした。

お互いペアになって、行っていきますが、

本当に痛いと、笑ってしまいます....


でも、同時に痛い所が、どこの五臓六腑に繋がっているのか

確認もできます。そして、痛みの度合いもだんだん和らいできます。

1回のトリートメントを終える頃には、体は温かくなり、

汗ばんできます。

本当に人間の体ってすごいなぁと思います。

痛みを通して、体が教えてくれます。


そんな感じで、充実した時間を過ごしました。

あとは、実践あるのみ!!

今後もたくさんの人を施術させて頂きたいと思います!!


chine048.jpg

それから、セミナー期間中のお昼ご飯です。4日間あって、4日間とも

本当に美味しい、そしてもちろん体によい食事が提供されます。

和食っぽかったり、イタリア料理っぽかったり、色々です。

デザートも最高でした!!!


普段は質素なので、、毎回食べ過ぎてしまいます。

そして眠くなります。。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://fumiabbey.blog43.fc2.com/tb.php/185-e160b4b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。