スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬に頼らない ・Health

05.31.2010 Trackback:0Comment:0
Image097.jpg

天気は昨日とは違って晴れましたね。気温も20を℃を越えて

半そでの方もみられます。

今、仕事をしている場所が東大病院の近くとあって、ほぼ毎日、救急車のサイレンが

聞こえます・・・

先日、股関節の手術をした大家さんにリフレクソロジーの施術をしながら

色々な話を聞いたのですが、なかでも驚いたのが、東大病院の一日の患者の数が

3千人を越えてるというのです。

きっと他の大きな病院なんかも同じような感じなんでしょうね。

これじゃ、医療費が増え続けるのもわかる気がするし、政府が医者の数を増やそうと

考えるのは無理もないか・・・

でも、医者を増やさずに、患者を減らそうとは考えないのかな・・・

病院側からすると、患者がへってしまったら経営が成り立たないから、患者がいなくなって

しまったら困るだろうから定期的にくるように引き止める。

患者は患者で、出された薬を医者の言われた通りによくなるまで服用し続ける。

なくなってしまったら、また病院で診察を受け、新たな薬をもらう。服用したら

患者も安心する。

先日、仕事に向かう途中で一人の患者さんを見たんですが、その人は大量の薬が入った

大きなビニール袋を持っていました。この人は一体、一日何種類の薬を飲むんだろうと

思いつつ、これが現実なんだな~と改めて感じました。


実際に、2年ちょっと前まで、僕自身もステロイド剤を使用し続けてきたり、

昔、ドラッグストアで働いていた経験もあって、体調が少しでも悪くなると

すぐ風邪薬を飲んだり、頭痛薬を飲んだり、栄養ドリンクやサプリメントを

服用していました。特にステロイドは使ってると、皮膚の状態はいいし、

使わなくなると、悪化するのが目に見えてわかったからです。

そして、なくなると恐怖感が出てきます。そうなるとすぐに病院へ行って

新しいステロイド剤をもらいます。そして安心する。

麻薬のようですね。それほど、薬の影響は大きいんですね。

違法の薬も、合法の薬も同じく依存性があって心にも体にも影響しますね。

僕がこの生活から抜け出すのにも、強い決断力が必要でした。

案の定、排毒がひどくなり、見た目もひどくなるし、動けなくて

学校や、仕事も休まなければならない時もありました。精神的にもかなり

やられましたが、幸いにも協力してくれる家族もいたし、ネガティブな気持ちを

ポジティブに変えてくれる人たちも周りにいてくれたおかげで乗り越えてきました。

ひどくなって、薬を使わなくても良くなるっていうことを自分の体をもって

経験できた時、薬はもう一切必要ないものだと実感しました。

同時に、薬を使わなくても自然治癒する体に感心しました。

実際に今でも排毒は続いています。皮膚もそれなりにひどい状態にはなって

いますが、薬がないと不安とか、そういうネガティブな気持ちはなくなりました。

もちろんこれまで体の中に入れてきた老廃物を出していかなければなりませんが、

体にとって負担のかかるようなものも入れないのも大切ですね。


今の時代、物質的には豊かになったかもしれないけど、同時に精神的にも肉体的にも

病気になりやすい環境になってしまったのは確かなことだと思います。

こういう時代になってしまったからこそ、自分を見つめなおして、病気にならないような

環境を作っていくことが大切なのではないかとおもいます。

どんなに医者が正しいと思われる診断、処方、手術を施したとしても、

治らない、さらには死に至ることもあります。医者のせいでも、誰のせいでもなく

自分の責任になりますので、気をつけましょう!!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://fumiabbey.blog43.fc2.com/tb.php/221-a061afb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。