スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形へ行った!! 2 ・旅 国内

08.23.2010 Trackback:0Comment:0
朝5時半からの農作業にも少しずつ慣れ、起きるのもすっと起きれるように

なっていきました。なんせ、山形に来る前は仕事がら夜9時を超えて、

寝るのがいつも夜中の12時、1時ころだったので・・・

でも、太陽と共に目が覚めて、夜暗くなったら寝るというシンプルな

生活はやっぱり自然と調和している感じがします。

温泉後は、毎晩一緒に作業をしてる人たちとリフレクソロジーや整体などをして

から寝ていたので、次の日は割りとスッキリして作業できました。


遊佐にきてから後半は作業も早く終わることがあったので、少し観光にも

行きました。

行ったところはまず、玉簾の滝です。

CIMG1488_320.jpg

鳥居をくぐって、滝に向います。

CIMG1490_512.jpg

ちょっと写真が大きくなってしまいましたが、滝の大きさが分かるでしょうか??

滝の近くにいくとしぶきがすごいので、帰りは結構びちょびちょになりました・・

滝の前には平安時代初期、弘法大師の開基されたと伝えられている御嶽神社と

千年杉があります。こういう滝をみると、自然の創り出す偉大さが伝わります。


日を改めて、今度は前回も行った「丸池様」に行きました。

ここは本当に神秘的な場所です。

CIMG1502_320.jpg

湧き水でできたこの池はエメラルドグリーンに輝いていて、本当に美しい。

龍のようにうねる樹木の間から差し込む太陽の光が水面に反射して、

よりいっそう輝いてみえました。

池のすぐ隣には神社があって、そこでお参りしてから、丸池様のお水を

頂きました。冷たくて、とても甘かったです。

CIMG1493_320.jpg

池の近くに流れる湧き水100%の川。ここは1年中10℃~12℃という

温度でかわらないそうです。

足を入れてみましたが、冷たすぎてずっと入れてられなかったです。

ビーサンが流されるというハプニングもありましたが、幸運にも

一緒に行った人が長い木を見つけてくれて救出できました・・・

CIMG1509_320.jpg

CIMG1511_512.jpg

この写真もなぜ、こう写ったのかとても不思議ですが、太陽のまわりにいくつもの

赤い太陽が。

CIMG1522_320.jpg

さらに、先ほどの100%湧き水の川に、また神秘的な出来事が・・・

写真で見てもわかるように、水面が白く霧がかっているのがわかると思います。

近くに居合わせたここのガイドさんもなかなか見られないと言ってました。

とても幻想的な感じです。

CIMG1524_320.jpg

これはバイガモの花です。

CIMG1523_320.jpg






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://fumiabbey.blog43.fc2.com/tb.php/245-1ddf67cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。