スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断食へ!! ・Health

10.05.2010 Trackback:0Comment:0
CIMG1738_320.jpg

ミラノから北へ、車で2時間ほど行ったヴァルマジノという所で

ホテルを貸し切って断食が行われました。

高くそびえ立つアルプスの山々に囲まれた、自然豊かな場所です。

CIMG1773_320.jpg

CIMG1796_320.jpg

写真の正面の建物が滞在したホテルになります。

断食中はずっと天気が良くて、晴れ渡り、常に水の流れる音が聴こえました。

それが僕にとってすごく心地良くて、リラックスできました。


今回の断食参加者はイタリア、イギリス、スロベニア、日本と約30名ほどでした。

日本からは僕を含めて6人。

断食開始前日にホテルに着き、みんなで最後の晩餐を楽しみました。

断食中の主な1日の流れとしては、午前中と午後に全員で参加する

シェアリングというのがあり、話したい人は前へ出て、感じていることを

話します。

CIMG1788_320.jpg


シェアリング以外の時間は、多くのアクティビティをして

過ごすことができます。例えば、体操、ヨガ、コロニック(腸内洗浄)、

水泳、滝へ行く、ウォーキング、アクアバランス、ダンス、

リフレクソロジー、リバーシング、日光浴など、さまざまです。


僕自身は、断食開始から朝一番で5日連続コロニックの予約を入れました。

アトピーという皮膚の問題は腸に関係していますので、できるだけきれいに

したいと思いました。実際にやっていくと毎日、様々な変化がありました。

コロニックが終わると、外へ体操しに行きました。

CIMG1809_320.jpg

こんな感じで、きれいな景色に囲まれ、空気もおいしく、近くには川が流れる所で

行う体操、ヨガは気持ちよかったです。

午前中のシェアリングが終わると、滝へ行って冷たい水の中に入りました。

CIMG1769_320.jpg

CIMG1777_320.jpg

本当に耐えられないくらい冷たかったんですが、出た後は結構体があったかくなります。

そのまま日光浴もできましたので、最高でした。

それから、いろんな人とリフレクソロジーをやり合って、エネルギーの交換します。

また、僕の場合は仕事で整体をしているので、マッサージもしました。

日本にいるとなかなか外国人に整体することがないので、すごくいい勉強になりました。

さらに、プールは滝と違って、近くで湧き出ている温泉水を使用していて、

常に37,8℃と暖かいので、これもまた最高でした。

CIMG1815_320.jpg

このプールの水は温泉水でもちろん塩素が入ってないので、

体にもとても良いのです。

そこで行ったアクアバランス。プールの中で体を支えてもらい、

様々な動きをするのですが、水の中の無意識の恐怖があったのか、

自分ではリラックスしているつもりが、実は首、肩辺りの筋肉が緊張してして、

あとで、先生に気づかせてもらいました。2回目に行った時も、まだ緊張が

ありましたが、最初よりもリラックスできました。


さらにプールの中で行ったリバーシング。リバーシングというのは、

再び誕生するという意味があり、誕生する時の記憶にある呼吸法で

アプローチしていく方法なのですが、その誕生の時のバーストラウマを

認識して、解消するというものです。

僕の実際の誕生の時はどうだったかと母親に尋ねると、陣痛促進剤を使用し、

へその緒が首に巻き付いていたという事を聞かされました。

なので、毎回リバーシングを行うと、呼吸は苦しくなり、全身が麻痺していきます。

だから、生まれてくるときにもこんな感じだったのかなと理解できます。

今回、プールの中で行うリバーシングで初体験でしたが、やはり全身は

しびれ、麻痺している状態になりました。でも、前回よりも和らいできた

ように感じています。


本当に温泉水を使ったこのプールは心地よくて、毎日お世話になり、

夜中まで泳いでいたり、浮かんでいたりして過ごしました。


断食中は、固形物は摂りませんが、様々な飲み物を飲むことができます。

CIMG1753_320.jpg

番茶やカモミールなどのハーブティ、ジュース、穀物コーヒー、

レモン果汁、メープルシロップなど甘いもの、ガラムマサラなどの

スパイスなど、色々用意されています。それらを自由に組み合わせて

飲むことができます。

僕は、日によって色々変わりましたが、カモミールティや番茶に

メープルシロップなどの甘いものをミックスして飲んだり、

アップルジュースにレモン果汁を混ぜたり、色々やってみました。


断食3日目には、肝臓クレンジングというのをやります。

まずい?塩水とオリーブオイルとレモン汁を混ぜたものを飲みました。

正直飲む事自体つらかったです。人生の中でオリーブオイルをそのまま

こんなに飲んだことはないし、塩水もまずく感じるし。

でも、今思えば肝臓クレンジングした3日目、次の日の4日目は体調がだるくなり

寒気などもあり、ぐったりしてしまったのですが、体がクレンジングされていた

証拠なのかなと思います。

僕は肝臓クレンジング後に、大きな症状はでなかったのですが、中には吐き気が

あった人や、石がでたという人もいました。


3日目、4日目を過ぎると体調はどんどん回復していき、元気になりました。

皮膚の状態も少しずつ落ち着いてきたようにも感じました。

これだけ食べないで生きてきたことはなく、空腹感もあるのかなと思っていましたが、

飲み物は自由に飲めるし、1日でやることは結構たくさんあるので、

お腹はそんなに減りませんでした。


断食をしている間、臓器を休ませるということもそうですが、今の自分の内面と向き合う

という時間がすごく大切なんだな~と改めて思いました。

自分が様々な問題を抱えて生まれてきた意味や、家族や人とのつながり、日々出てくる

感情、特にシェアリングをすると、各国の人たちの今までの経験を聞くことができ、

色々なことを乗り越えて、今こうして生きているんだなと感じて、それを

シェアすることで、もう一歩前へ踏み出せるように思いました。



断食を終えると気になるのは食事ですね。

CIMG1818_320.jpg

キヌアと野菜スープ

CIMG1819_320.jpg

蒸し野菜たちとセイタンも

断食明けにこんなに食べても良いのかと若干戸惑いましたが、

食べることができるという喜びと共に、今まで以上にゆっくりと

よく噛んで頂きました。

本当においしかったです!!

CIMG1825_320.jpg

一夜明けて、断食会場のホテルを去る前に朝食を頂きました。

CIMG1839_320.jpg

CIMG1840_320.jpg

洋ナシとぶどう、そしてビスケットです。

洋ナシが特に甘くて、結構たくさん食べてしまいました。


出発前に、ホテルの周りを少し散歩しました。

CIMG1832_320.jpg

CIMG1836_320.jpg

ここは湧き水を頂けるところです。帰りに持って帰ってきましたが、

本当においしいし、エネルギーが詰まっている感じです。

CIMG1776_320.jpg

自然と共に過ごし、各国の人たちとシェアし、自分とも向き合えたこの時間が

僕の人生の中で最高の贈り物となりました。

最初は、断食に参加するつもりはありませんでした。お金や時間のこと、

自分のやりたいことなど、色々考えてしまっていたからです。

でも参加してみて、自分が下した選択はこれでよかったと改めて思えるし、

必然だったんだと感じました。

今回、一緒に参加した日本人の方たちにも色々助けて頂きましたし、

断食を主催しているミケランジェロ先生、そして、出会ってくれた

各国の人たち全てに感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました!!

DSC09750_512.jpg

RIMG0137_512.jpg

RIMG0180_512.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://fumiabbey.blog43.fc2.com/tb.php/253-e92aa394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。